コーヒーに最適なお砂糖の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

砂糖には
白いグラニュー糖
茶色い砂糖
コーヒーシュガー
ザラメなど
いろいろな種類があります。

あなたは、何をお使いですか?

様々な選択肢な中から
どう選ぶべきかについてお話しします。

僕はこんな風に考えています。

「コーヒー豆とお湯以外の材料は
基本的にプラス・アルファ」です

「つまり個人の好みで考えれば良いということ」

話として非常につまらないですね。
でも、ちょっと待ってください!
まだ話は深い方へ行きますのでね。

コーヒーには何も入れなくても
美味しい方がいいのであって
あえていろいろなものを入れるのは
アレンジを加えているということ。

砂糖やフレッシュはカップに注がれた後に加えるもので
しかもお客様自身で入れるもの。
つまりお砂糖もフレッシュも
入れればコーヒーをアレンジしているということです。

ミルクを入れたら
「カフェ・ラテ」や「カフェ・オレ」と呼びますよね。
ミルクはアレンジでフレッシュはアレンジではないというのは
おかしな感じがしませんか。

 

グラニュー糖について考えてみよう

しかし、先日お客様より、
僕のお店ではなぜ白いグラニュー糖なのですか?
何かを理由があるのですか?
というご質問をいただきました。

僕がいくら
お砂糖は入れる必要はないと
思っていたとしても、
入れたい人を強制的にやめさせることはしません。
何故ならそれはアレンジだからです。
個人の好みで自由なのです。

さて、何故うちのお店ではグラニュー糖なのかです。
グラニュー糖は
精製度が高いので白色をしています。

他の砂糖はどうでしょう。
コーヒーシュガーと呼ばれているものは
茶色い色をしています。
その茶色はカラメル質、簡単に言えば焦げなのです。

三温糖のように色があるものは
精製が低いため、ミネラル成分が入っているのです

つまり
茶色いお砂糖を入れることにより
甘味以外の味も加えていることになるのです。

砂糖を入れる、ということは
基本的に甘味を足したいときに使います。
精製度合いが低くお砂糖や、
カラメル質に変形したものを使えば
甘味以外の成分も足すということになります

つまり
コーヒーの味が変わってしまうのです。

コーヒーシュガーなどは、
意図的にコーヒーの味を変える
意味合いで開発されていると思いますが
甘味が欲しいなら甘味だけ加えればいいじゃないですか。

洋菓子を作るときにも
やはり精製度の非常に高いお砂糖を使います。
でも中にはあえてコクを出したり、
しっとり感を増やしたり
どっしりとさせたりする目的で
他のお砂糖や水飴、はちみつなどを使うことがあります。

コーヒーも同じです。
何か意図した目的がなければ
甘味だけを加えてくれる
グラニュー糖を使うのが一番いいと考えています。

 

でも、やっぱり入れたいと言う人へ
お砂糖を入れたくなる2つの理由

そして
コーヒーにお砂糖を入れるのなら、
苦目のコーヒーか
酸っぱ目のコーヒーに使うのがいいと思います。

焙煎の度合いによっても
豆の産地によっても味は様々ですが、
ドリップしたコーヒーに甘味を加えたい理由が2つあると思います。

コーヒーは甘みがよく合う

一つ目は
苦いものや酸っぱいものに
甘味を加えると美味しく感じるからです。

人は苦いものは好みません。
自然界では苦いものは「毒」として認識します。
なので苦いものを好むことはないのです。

ですが、あなたはチョコレートは嫌いですか?
多分、大好きでしょう。
カカオの含有量が多くなると
苦味が強くなり嫌気も増してきますが、
逆に甘味が増えていくと
ある一定量以上になえると
美味しいに変わるのです。

酸味も同じ。
自然界では酸味は「腐ってる」と認識されます。
ですので酸っぱいものも基本食べません。
レモンをそのまま食べる人はいないですよね。
でもはちみつレモンはどうですか?
美味しいですよね。
これも同じ理屈です。
なので苦目か酸っぱ目のコーヒーに
一定量以上砂糖を入れると
味覚が違って感じる
はずです。
これが一つ目の理由。

甘みの持つ特別な力

そして2つ目は、
「人は甘いものを単純に美味しいと感じてしまう」です。

芸能レポーターが
天然水の湧水などの名水を飲んだ時に
よく「甘~い」と言ってますよね。
水ですから甘いわけはないんですが、
「美味しい」=「甘い」
という脳の中の回路が区別できなくなってしまっているです。

嘘だと思ったらその名水を
糖度計で測ってみてください。
甘くはないはずです。

糖分は生きていくための
エネルギーとして必ず必要なもの。
だから「甘味」を摂取すると
脳の中で「快楽物質」が放出されて
なんとも言われない快楽を感じるのです。

その快楽をまた感じたいから
甘いものを摂取する。

つまりは甘いものが好きなのではなく
その脳から分泌される快楽物質が好きなのです。
みんな脳に食べさせられてるんですよ。
「ご褒美あげるからエネルギーの素を食べてね」って。

 

甘味は幸せの味なのです

だったら何故コーヒーに
砂糖を入れることを推奨しないのか。
「お前は馬鹿か」と言われそうですが。

じつはそれは簡単な理由です。
美味しいコーヒーはもう既に甘いからです!
お砂糖なんか入れなくても
豆自体が持っている自然の甘味と
焙煎することによってもたらされる
シロップ系の甘味が
もうすでに入っているです。

ちゃんと抽出する
ちゃんと甘いのに
ちゃんと抽出すると
嫌な苦味を酸味もないのに・・・
本来焙煎されたコーヒーには
含まれている成分なのです。

ですから、
きちんと成分を選択して
抽出することが重要なのです。

お分かりいただけたでしょうか。
お砂糖は本当は入れなくても
コーヒはー最初から美味しいもの。

入れたい人は甘味だけをプラスする目的で
グラニュー糖をお使いいただくことをお勧めします。

ですが、個人の好みがあります。
あくまでアレンジとして対応してください。

こうした前提の上で、
当店では白いグラニュー糖をご用意しています。

何がご質問があれば、こちらからお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*