コーヒー好きなあなたが見落としてる大事なこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の抽出したコーヒーが本当においしいのか、
判断に迷うことないですか?

「美味しい」
と素直に言えればいいですが、
「ん~?」って考えながら飲んでるとき。

そんな時に、
簡単にそのコーヒーを採点する方法があります。

 

それは、
「コーヒーが嫌いな人に飲んでもらう」です。

 

コーヒーが嫌いな人はコーヒーの味なんか分からないから
頼りにならないと思いますか?

ところがそうではないのです。

味が分からないのではなく、
とても繊細なセンサーを持っているます。

あなたが考えていなことを口にしてくれます。
それを素直に聞けばいいのです。
その言葉に間違いはありません。

間違いのないポイントを指摘してくれるはずです。

どういうことか・・・

 

あなたはコーヒーが好きですか?

あなたはコーヒーが好きですか?

コーヒーが好きな人しかこの記事を読んでいないかもしれませんが、
世の中にはコーヒーを「嫌い」「苦手」という人はかなりいます。
コーヒーが好きな人がいれば、嫌いな人もいる。

あなたがお店をしていたり、
これから始める人ならば、
そんな人は「自分のお客さん」ではないと考えますか?

コーヒー以外の例えば紅茶やジュースをメニューに入れて
それを注文してもらえばいいか、って。

 

でも、本当はコーヒー飲んで欲しいですよね。
そして「美味しいですね!」って言って欲しいですよね。

 

その為には
コーヒーが苦手な人の理由を考えてみないといけません。

考えたことありますか。

コーヒーが苦手な理由は・・・

コーヒーが苦手な理由・・・

あなたがコーヒー好きだとすると
そのコーヒーを嫌いな人のこと。
あまり考えたことがないとですよね。

その人はまだ
「美味しいコーヒーを飲んだことがないからだ」って。
その答えは不十分です。

確かに美味しいコーヒーを飲んでいれば
好きになっているかもしれません。

 

でも、何らかの原因があって
コーヒーは好きじゃないという感情を持っているのです。

食わず嫌いならぬ、飲まず嫌いではないのです。
経験上、嫌いになったのです。

 

香りは好きなんだけど・・・

「香りは好きなんだけど・・・」

ひどい人になると、
「気分が悪くなる」「頭が痛くなる」など身体的な反応を伴う人もいます。
僕の近くにも
「コーヒーが苦手な人」がいました。

それは結構なレベルで
「頭が痛くなる」という感じです。

 

コーヒーが嫌いな人はコーヒーの味に敏感なのです。
そう、自分が嫌いな味に対して敏感なのです。

どんなに高級な豆でも、
どんなに旨みがしっかり入っていても
どんなに香りが良くても
ある成分が入っているとダメなんです。

嫌いな人は敏感なのです。

 

何に敏感なのかと言うと
「雑味」に対して敏感なのです。

「雑味」=「美味しくない成分」です。

これらの成分がとても不快感を与えているのです。

 

フォーカスするポイントが違うのです

フォーカスするポイントが違うのです

「嫌いな人」は「嫌いなもの」=「雑味」にフォーカスしています。
「好きな人」は「好きな味」=「旨み」にフォーカスしています。

なので、あなたは「旨み」には正確に判断できるようになれるかもしれませんが、
「雑味」に対しては正確な判断ができないのです。

 

コーヒーは
「旨み成分」と「雑味成分」とがどんなバランスでお湯に出てきているか。
これだけです。

これが抽出のしていることです。

 

なので、旨みだけでなく、雑味のことをきちんと判断できるようにならないとダメです。
コーヒー好きな人の中には
雑味に関して麻痺してしまっている人も少なからずいます。

この雑味のことをもっと深く考えることで
コーヒーの味に対する理解を飛躍的に向上させることができるようになります。

 

誰かいませんか?

誰かいませんか?

コーヒーが嫌い、もしくは苦手な人と友達になりましょう。
そして、その人たちの意見を素直に聞いてください。

最初は「腹が立つ」かもしれません。

一生懸命なあなただから特に、
自分を否定されることには傷つくとは思います。

 

しかし、
あなたの味に対する理解を深めるためです。
怒らずに冷静に聞きましょう。

 

美味しくない成分を抽出しなければコーヒーはとても飲みやすいもの。
決して飲みにくい苦い液体ではないのです。

雑味を取り除いたことで、
コーヒーが苦手な人に
「よそのコーヒーは飲めないけど、あなたのコーヒーは飲める」
「美味しいです」
と言われるようになりましょう。

この言葉はあなたにとって大きな自信につながりますし、
勲章のようなものです。

 

コーヒー以外の飲み物を注文しようとした人に
「雑味を取り除いたとても飲みやすいコーヒーです」
「今までコーヒーが嫌いと言ってた人にも美味しいと言ってもらってます」
と話すことができるようになります。

 

その為にもまず、
コーヒーが苦手な人と友達になりましょう。
そして率直に意見を言ってもらって
素直に聞きましょう。

 

あなたが感じている以上に雑味は入っています。
それをひっくるめてコーヒーなんだという考えはもうやめましょう。

さあ、対象者が見つかれば
直ぐにあなたのコーヒーは変わり始めます。

 

何かご質問があれば、こちらからお問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*