コーヒーの味を簡単に分析するスキルを身につける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あなたはコーヒーの味って分かりますか。

 

コーヒーなんてどれも同じと思ってるか、
コーヒーはいつも違って難しいと感じているか、
そのどちらかでしょう。

 

確かにいい香りと
気持ちが和らぐような空間があれば
それでいいのかもしれませんが、
でも美味しいコーヒーを自分で淹れられるようになりたいですよね。

コーヒーを勉強している人ならなおさらです。
美味しいコーヒーを淹れられるようになるために
絶対に必要なことがあります。

それは「味が分かるようになる」こと。

 

大前提だし
これは大事ですよ~。

ということで今日は味を作るうえでとても大事な話をします。

 

味が分かることの大事さ

これをどう理解するのか。
とても大変なそうな気がしますが
実は簡単な方法で分かるようになります。

きちんとした味の評価ができるようになれるので、
目標としているゴールを
正確に設定することができるようになります。

逆に言えば、
これを知らないといつまで経っても
自分に自身が持てないままです。

 

成分を覚えるって、どうやって?

コーヒー豆に含まれている様々な味の成分を
いったいどうやって覚えていけばいいのか?

簡単です。
様々な味をグループに分ければいいのです。
それも一番簡単な仕分けのやり方で。

 

「美味しい成分」と「美味しくない成分」の2つです。

 

成分はいろいろありますが、
全ての味をこの2つのグループに分けてしまいましょう。

コーヒーにはたくさんの成分があり、
いつもその全部が出ているわけではありません。

だから毎回のように出来上がったコーヒーの味が変わるのです。

 

どんな成分で構成されていても
その成分が「美味しい成分」だけでできていたとすると
そのコーヒーは美味しいです。

簡単で単純な理屈です。

 

よく「苦味」「甘味」「酸味」「コク」のバランスを表記して
豆の販売をしているお店がありますよね。

この「甘味」と言っても甘味の種類も様々。
でも甘味ならどの甘味成分でも美味しく感じるかもしれません。

ですが、これが「苦味」だったら・・・
もしくは「酸味」だったら・・・

苦味には「美味しい苦味」と「美味しくない苦味」があります。
酸味も同じく「美味しい酸味」と「美味しくない酸味」があります。

 

もしあなたが求める味が決まっていなのなら、
抽出されたコーヒーを良いのか悪いのか判断が出来ません

美味しいか?美味しくないか?

さらに言えば
どの辺を美味しいと評価できて、
どの辺が美味しくないと感じられるか。

具体的に判断できる必要があります。
味をコントロールするのですからね。

結局は美味しいか美味しくないかだけ

抽出される様々な成分を選別しなければいけないのに、
結果の判断が出来なければ修正のしようがありません。

自分が思っている味のバランスと
異なる結果になっていれば、
それは美味しくても成功ではないですよね。

行き当たりばったりでコーヒーを抽出しても、
気まぐれで味が変わってしまう。

そんな状態ではいつまでたっても
コントロールできる状態にはなれないです。

色んな成分の味を口の中で判断できるようにしたいです。
そのために、様々な成分を
大きく2つのグループに分けるのです。

「美味しい成分」と「美味しくない成分」です。

 

色々な成分(味)を
この2つのグループに分けることで
どんどんと整理できるようになります。

色んな味が混ざって
コーヒーという飲み物の味になっています。
その味を分解して感じられるようになれると
目指すべき味がわかるようになってきます。

目指すべき味は成分がどんな割合で混ざっているでしょう。
それを決めていきましょう。

それには味がわかる状態になることがとても大事なのです。

判断材料である味の体験を増やし、
それを整理することが大事です。

そうすれば、
どの味が欲しくて
どの味がいらないか判断できます。

これは「目標とする味を認識すること」です。

これなくしては
あなたはいつまでも「迷子」のままです。

目的地に近づけるかもしれませんが、
離れていっているかもしれません。

それが分かるためには「目標」が必要です。
そしてその「目標」は「良い目標」であって欲しいです。

 

具体的に味を判断する方法

目標が手に入れば
あとはそれに近づくために歩み続ければ
必ず求める方向へ進むことができます。

結果の判断に必要なものさしを持つことが必須なのです。

味が分かる様になるために、
まずコーヒーを良く味わって飲むことを習慣にしましょう。

 

口の中で感じる様々な成分に意識しましょう。
例えば甘味・・・甘味の中にも色々な甘味があります。
柑橘系の甘味とシロップのような甘味ではまるで異なります。

苦みにも
口に入れた瞬間に感じる鋭い苦みと
舌の奥のほうで感じる重たい感覚の苦みでは
成分も感じ方も全然違います。

 

甘味、苦み、酸味、旨味、コク、濃度の6つの項目
口の中のどの部分でどう感じるか。
そしてどのくらい強く感じるか。

これを1~5でもA~Eでもいいので
5段階ぐらいで評価するといいでしょう。

これは経験の回数で習得できます。

そして、
飲み始めから飲み終わるまでの味の変化も重要です。
最後に飲み終わったあと
口の中にどんな味が残っているか、
どのくらい持続するのかも。

陥りやすい罠・・・

この辺りまでデータが取れれば
かなりのことが分かってくるはずです。

そして最後に、全体としてどうなのか。

 

これが大事です。
僕らのようにコーヒーにこだわって
勉強している人にありがちなのですが、
分析をする習慣が身についてしまって
全体総評を忘れてしまうのです

結局のところどうなの?

これが大事です。
美味しいものは素直に美味しいと言えます。

 

分析して考えて、
「どうなのかなぁ」となってしまうときには、
そのコーヒーはたいして美味しくないです。

本当は美味しいに理由はないですよね。

考えなくてはダメなのは、大したことないです。
「あ~、美味しい」と自然に出てこなければだめです。

 

そして本当に美味しいコーヒーは
「美味しい」ではなく
「うまい」という表現になるような感じです。
分かりますかね。

美味しいではなく、うまいんです。
これは旨味が多いと考えてもいいかと思っています。

 

さぁ、今日からでなくても明日からでも
味の分析を初めてみましょう。

美味しいと感じてるコーヒーも

分析してみると美味しくない成分が入っています。

もし、この感じがなかったらもっといいのになぁと、
分析してみましょう。
コーヒーとはこんなものと決めつけずに
嫌な部分は嫌だと感じてください。

 

そして「美味しい成分」と「美味しくない成分」の
グループに分けていくのです。
これの積み重ねが自分の目指す味を作りことに繋がります。
楽しみながら、頑張りましょう!

 

 

何がご質問があれば、こちらからお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*